α6300の手ブレ補正はどうよ?α6300の手ブレ補正を検証してみる

α6300は4Kムービーが撮れるミラーレス一眼カメラです。
高速連写機能と高速オートフォーカスも備わっていて、今ソニーで最も注目されているカメラです。

 

だけどα6300に手ブレ補正機能が搭載されていないのは注意が必要です。

 

 

α6300はボディ内手振れ補正が非対応なんですよねえ


 

レンズに手ブレ補正機能が搭載していれば手振れをある程度緩和できますが、ボディ側にはいっさい搭載されていないのが難点です。

 

α6300の手ブレ補正対策は?手ブレ補正防止アクセサリーは何が良い?

最近ではミラーレス一眼カメラにおいて手ぶれ補正機構はボディに搭載されることが多くなっています。

 

実はミラーレス一眼は軽量コンパクトですが手ブレしやすく、どのメーカーもボディ内手ブレ補正がもはや必須と考えるようになっています。

 

α6300より前に発売されたソニーα7Ⅱでは5軸手ブレ補正が搭載されています。

 

だけど、α6300はレンズ側の手ぶれ補正に対応しているだけで、ボディ内には搭載されていません。

 

低価格な設定に4Kムービー撮影機能を搭載したことが予算的に無理があったのかもしれないですね。

 

そのためα6300ではレンズの手ブレ補正に頼ることになり、思ったよりも補正が弱かったり、使い勝手が悪いと感じてしまうことも少なくはないでしょう。

 

 

レンズ選びは慎重に行いたいところです。


 

またレンズの補正機能に左右される側面が強く、思うように補正できないこともあるでしょう。

 

このあたりは自分の腕でカバーするか、手ブレを防止するアイテムを使用しなければならないでしょう。

 

手ブレを防止する策としては一脚や三脚を使って撮影するか、動画なら電動ジンバルを使うのが良いです。

 

電動ジンバルは少々値段も高いので、現実的ではないかもしれませんが、一脚や三脚は1万円ちょっとで十分良い製品があります。

 

ここではα6300にオススメの手ブレ防止アイテムを紹介してみましょう。

 

α6300用手ブレ防止アクセサリーランキングTOP3

小型カメラ用一脚

一脚で評判が良いのが足がついているタイプです。

 

従来の一脚よりも安定感があって動画撮影時にパンニングもできるようになっています。

 

α6300の軽さであれば自立しないこともありません。

 

マンフロットの一脚の中でも比較的安価な価格設定になっています。

 

Manfrotto 一脚 フルードビデオ一脚 4段 2WAY雲台 アルミニウム製 560B-1

パン・ティルトもできる一脚

足が3本に分かれて安定します

 

三脚

写真しか撮影しないなら写真用三脚でも良いですが、せっかくα6300を購入したのなら4Kムービーを楽しみたいですよね。
ビデオ用三脚で一番コストパフォーマンスに優れたものがVelbon スタンド型一脚 Pole Pod VIDEOです。

 

名称は一脚ですが三脚のように使えて完全に自立します。

 

Velbonで人気のビデオ用オイルフルード雲台がついてこの値段はとても安いです。

 

Velbon スタンド型一脚 Pole Pod VIDEO(ビデオ雲台搭載モデル)

カメラを装着して自立するタイプ

三脚のかわりにもなるので便利

 

電動ジンバル

電動ジンバルは電動でバランス調整してくれるスタビライザーというアイテムです。
これで映画のようなワンシーンを撮影できるようになっています。

 

電動ジンバルは海外製品(主に中国)が多く、どれを買うのか結構迷いますが、ネットユーザーに評判が良いのがZhiyunというメーカーの電動ジンバルです。

 

Zhiyun Crane 2 3軸手持ちジンバルスタビライザー

電動ジンバル。ぬるぬる動画が撮れる

中国製品のなかでは評判が良い