α6500のバッテリー選びで失敗しないコツ

ACC-TRW

α6500を使用して撮影をする時には必ず予備バッテリーが必要になります。

 

α6500は4K撮影や手ブレ補正など電池を著しく消耗する機能が満載だからです。

 

α6500を使用する場合にはNP-FW50が予備バッテリーとなりますが、予備バッテリーの購入で失敗しないために次の点をよく理解しておくべきでしょう。

 

ソニーα6500のバッテリー容量は他の機種と比べるとかなり小さく1020mAhしかありません。

 

 

α6500はバッテリー消耗はかなり早いですよ!


 

つまり元々のバッテリー自体容量が少ないため、他の機種での撮影よりもさらに予備のバッテリーを準備しておくことが必要になるのです。

 

ソニーには純正のバッテリーとチャージャーがセットになったACC-TRWがあります。

 

 

小型で急速充電できる別売りチャージャー ACC-TRWが便利

ECM-GZ1M

もちろん使用状況や液晶の使用不使用などの要素も多分に関係してくるものの、一般的な使用状況下では満充電をしているバッテリーでおおよそ300枚程度が限界です。

 

プロのカメラマンやかなりこだわって撮影を行なうような方であればバッテリーは3つあっても正直安心できません。

 

ACC-TRW

 

ちなみにバッテリーパックの大きさは奥行き45mm、高さ18mm、幅31.8mmで重量は57gです。

 

3つのバッテリーを持ち歩くとしたら171gとなります。
かなり小型なバッテリーなのでポケットに入れておく分には苦はないでしょう。

 

とは言え予備バッテリーをたくさん持ち歩くことになり、交換の手間が増えるのは否めません。

 

ちなみにバッテリー充電のためのチャージャーも小型な点は優れている点と言えます。

 

旅行など持ち運びにも問題ないでしょう。

 

チャージャーには現在の充電状況がランプによって表示されるようになっているので詳しい充電状況も確認できるので便利です。

 

ソニー SONY アクセサリーキット ACC-TRW

 

チャージャーとセットで買うとお買い得

互換バッテリーの不具合が心配なら純正品がオススメ

バッテリー単品だと値段が高い

 

参考になるレビュー記事やレビュー動画

A-style