SONY α7Ⅱにバッテリーグリップを装着することのメリット・デメリット

α7Ⅱは長い望遠レンズを付けると、レンズ側に重心がかかり過ぎて撮影しにくいです。

 

そこで効果的なアイテムがバッテリーグリップです。
バッテリーグリップは装着することで、カメラ本体側の重量が増して前後のバランス状態が改善されます。

 

 

バッテリーグリップを装着することでカメラは一回り大きくなって握りやすくなりますよ。


 

そしてカメラが大型になることの長所がもうひとつあります。

 

それは見栄えがプロの写真家っぽくなることでしょう。

 

プロの写真家さんはみんなまだまだ一眼レフ機を使っています

 

たとえアマチュアカメラマンで腕は大したことがなかったとしても、なんとなくプロのカメラマンのように見てもらいたですよね。

 

α7Ⅱ用縦位置グリップ 「VG-C2EM」

 

α7Ⅱにバッテリーグリップを装着すれば、性能はもちろんのこと、見た目のプロっぽさ、カッコよさは十分です。

 

α7Ⅱ対応の純正バッテリーグリップはVG-C2EMです。

 

裏側のボタン操作も通常撮影と同じような感じで操作ができるようになっています。

 

バッテリーグリップは縦の撮影をすることが多い場合は頼もしい存在になるでしょう。

SONY 縦位置グリップ VG-C2EM

見た目がかっこよくなるSONY α7Ⅱ用縦位置グリップ

バッテリーが二個搭載出来て撮影時間が延長する

グリップ感が増して手ブレを防げる

バッテリーグリップは値段が高いのがデメリット

私もバッテリーグリップは欲しいなあ..と思いながら、2~3年ほど買うのをためらっていました。

 

 

SONYのバッテリーグリップは3万円程で少々お高いです。


 

そこで見つけたのが縦位置グリップ VG-C2EMの互換製品でうs。

 

Meike MK-A7Ⅱ

 

純正バッテリーグリップの1/3ぐらいの値段で買えます。

 

安すぎるので少々不安でしたが、使用頻度もそんなに多くないなら、高い純正品を買わなくても良いかもと思いましたよ。

 

Meike MK-A7Ⅱ

 

バッテリーグリップはカメラが持ちやすくなるし縦撮影が実に楽になります

 

バッテリー挿入口が完全コピーでないらしく、少々入れるのが堅いのですが、それ以外は全く問題なく使えています。

 

Meike MK-A7Ⅱ

 

もし私と同じようなアマチュアの写真家の方なら互換品でも良いのではないでしょうか。

 

追記

 

カメラのファームウェアアップデートを行うと使えなくなりました。

 

バッテリーが認識しません。

 

なので、やっぱり純正品を買うのがオススメです!