SONY α7ⅢでズームレンズFE 24-105mmF4は買いか?

SONY α7ⅢでズームレンズFE 24-105mmF4は買いか?

SEL24105G

SONY α7Ⅲのようなレンズ交換式のカメラはレンズ交換できるのが最大のメリットと言えますが、1本のズームレンズで済ませたいと考える方もいるでしょう。

 

そんな人には広角から標準そして望遠までカバーしている、FE 24-105mmF4 G OSSがおすすめです。

 

このレンズはソニーα7Ⅲと同時期に発売開始し、α7Ⅲとセットで最も売れているEマウントレンズとなっています。

 

ここではズームレンズFE 24-105mmF4を買うべきかどうか作例を調べて検証してみることにしました。

 

この動画はサンセットスタジオTVさんのFE 24-105mmF4 G OSSのレビュー動画です。
動画4分20秒以降で作例も解説してくれており、逆光耐性など弱点もわかって非常に参考になります。ぜひ視聴してみましょう。

FE 24-105mmF4 G OSSの特徴 逆光耐性に劣るって本当?

SEL24105G

 

FE 24-105mmF4 G OSSは開放絞りがF4と決して明るいレンズではありませんが、望遠端で美しいボケ表現を描写できるあたりが人気のあるポイントのようです。

 

Waterloo Bridge

 

写真は flickr FE 24-105mmF4 G OSS 作品から引用しています

絞り:F11 シャッター速度:1/250 ISO:125 焦点距離:35mm
広角側の24mmは84度の画角で、広い範囲を1枚に収める性能を十分に持っています。
ネットのレビューではGマスターレンズと比べると逆光耐性が劣り、フレア・ゴーストの発生が見られるよう言われていますが、それほど大きな問題ではないように思えます。

 

参考:今人気ナンバーワンの標準ズームレンズ! ソニー「FE 24-105mm F4 G OSS」実写レビュー|価格.com マガジン

 

SEL24105Gで撮影したポートレート

SEL24105Gで撮影。クリックすると拡大表示できます。

絞り:F5.6 シャッター速度:1/100 ISO:400 焦点距離:105mm

 

上の写真はCPプラスでデモ機による撮影です。焦点距離105mmの望遠端で撮影しました。
絞りはF5.6ですが、望遠端でもあるので背景は自然にボケています。

 

ズーム全域でF4の明るさを保ち、描画性能も安定しているので写真初心者の私でも安心して撮影することができましたよ。

 

ネットにある様々な作例を見ていると玉ボケが美しく表現された写真を多く見かけますので、ボケ味には十分満足できそうです。

 

参考:FE 24-105mm F4 G OSS|α Universe

 

FE 24-105mmF4 G OSSのAF性能とAF静音性はどう?

オートフォーカスは高速で静音性があり、α7Ⅲの高速連写性能にも十分対応できるようになっています。
ダイレクトドライブSSMを採用していますので、ピント合わせのストレスはないでしょう。

 

駆動部にはパワーのあるダイレクトドライブSSM(DDSSM)を採用し、フォーカスレンズ群をスムーズに駆動。
高速、高精度かつ静音性に優れたAF駆動を実現します。
また、フォーカス機構にインナーフォーカス方式を採用しているため、フォーカシングによる全長変化もなく、迅速で快適なAFが可能です。
さらに、ズーム全域で開放F値4と絞り値が変動しないため、静止画だけでなく動画撮影にもおすすめです。

出典:高速・高精度で静音性に優れたDDSSM(ダイレクトドライブSSM)を採用|SONY公式

手振り補正もレンズ内に備えていますので、多少の悪条件でも手持ち撮影が難なくできます。

 

この動画はα7ⅢとFE 24-105mmF4 G OSSの高速連写性能をテストしています。
また連写撮影した写真を並べて動画にしていますのでぜひ視聴してみてください。

α7Ⅲとズームレンズ FE 24-105mmF4 G OSSのサイズや重さはどう?

SEL24105Gとα7Ⅲ

 

FE 24-105mmF4 G OSSはコンパクトなSONY α7Ⅲに装着しても機動性を損なわないズームレンズで重さ、大きさともにベストなバランスという評価を得ています。

 

参考:交換レンズレビュー SONY FE 24-105mm F4 G OSS|デジカメWatch

 

FE 24-105mmF4 G OSSの大きさは径が83.4mm、長さが113.3mm、重さが663グラムです。

 

ミラーレス一眼用レンズで考えると663gは決して軽いレンズではありませんが、フルサイズのズームレンズとして考えると軽量・コンパクトと言う意見が出るのも納得です。

 

SEL24105G

 

また左手でレンズ操作ができる設計がされており、フォーカスホールドボタンやAF/MF切替スイッチ、レンズ内手振れ補正のON/OFF切替スイッチが用意されています。

 

付属品は花形バヨネット式のフードにソフトケース、後は前後のレンズキャップです。

 

そして屋外での厳しい撮影条件下でも余り気にせず撮影できるように、レンズ全体に防塵防滴処理もされています。

 

被写体によってレンズは選ぶものと考えられていますが、FE 24-105mmF4 G OSSのようなオールラウンドなズームレンズがあれば、レンズ交換に気を取られることなく撮影に集中することができます。

 

また、AF駆動音もほとんどないので機動力が求められるブライダルやドキュメンタリーの動画撮影にも活用されるでしょう。

 

α7Ⅲを買ったら、まず選びたいズームレンズです。

FE 24-105mmF4 G OSS

α7Ⅲと相性が良いサイズ感

F4でも望遠側でキレイにボケる

AF速度・静音性が抜群。動画撮影に最適

その他の販売店の価格を調べる

ソニーストア

カメラのキタムラ

カカクコム

参考になるレビュー記事やレビュー動画

video channel

PHOTOHITO

さとうち