α7Ⅲでクリアな音声を録りたいなら外部マイクはどれを買うべきか?

α7Ⅲでクリアな音声を録りたいなら外部マイクはどれを買うべきか?

XLR-K2M

SONY α7Ⅲを動画撮影目的で購入する方がかなり多いようです。

 

そうなると必要になるのが外付けマイクでしょう。
SONY α7Ⅲにはマイク端子・ヘッドホン端子が用意されており、サードパーティ製のマイクもほとんど対応できるようになっています。

 

ではクリアな音質で動画を収録するには外部マイクとしてどの製品を選んだらよいのでしょうか?

 

またSONY α7Ⅲ用の外部マイクに、XLR-K2MというXLRアダプターとマイクがセットになったXLRアダプターキットがあります。

 

ここではSONY純正の外部マイクを買うべきか?またα7Ⅲと相性の良いガンマイクについて調べてみました。

 

SONY αシリーズのカメラホットシューには電子接点が装備されていて、SONY純正の外部マイクはマイク端子で接続せずに音声収録・電源供給ができます。

 

このような仕組みからSONYα7Ⅲの外部マイクはSONY純正の外部マイクから選ぶ方が自然な道なのかもしれません。

 

中でもホットシューに接続できるXLRアダプターは2系統の音声を収録できる人気のアイテムです。

 

XLR-K2Mを接続したSONY α7SⅡ

 

上の写真はα7SⅡに装着したXLRアダプター「XLR-K2M」にSONY純正のガンマイクを装着している状態です。

 

付属マイクはファータイプのウインドスクリーンを付けられているので、風切音等を軽減できるようになっています。

 

XLRアダプターはマイクをミニジャックではなくXLRケーブルで接続することになり、ノイズの少ない音声収録環境を整えることができるので、プロの映像制作では必須とも考えられているほどです。

 

XLR-K2Mは私も購入して実際に使ってみました。
レビュー記事もあるので合わせてご覧ください。

 

 

この動画は、oka mitsuさんがSONY XLR-K2Mのレビューをしてくれています。
動画1分12秒以降に解説してくれていますので、ぜひ視聴してみて下さい。

 

XLR-K2Mの主な特徴

XLR-K2M

XLR-K2Mは、コンパクトにもかかわらずプロ用マイクを装着できます。

 

アダプター本体には、録音チャンネルの選択スイッチや録音レベルの調節ダイヤル、チャンネル別風切音低減切り替えスイッチが見られます。
さらにチャンネル別MIC/LINE切り替えスイッチや、アッテネータースイッチが所狭しと並んでいます。

 

誤ってXLRケーブルを引っ張ったとしても、ロック機構がありますので撮影中にケーブルが抜けることはまずありません。

 

付属マイクは、アダプターのマイクホルダーに装着します。
このマイクホルダーはショックを吸収できる仕様となっており、カメラからの振動音を低減できます。

 

またアダプターに付属するマイクとウインドスクリーンによって風切音等も防ぐことができます。

 

アダプターは幅が約117mmで高さが約106mm、奥行きは75mm、重さは250グラムです。
付属マイクは径が21mmで長さが162mmと、いずれもコンパクトな構成になっています。

 

 

XLR-K2Mの使用方法と注意点

XLR-K2M

まずXLRアダプターをカメラ上部のシューに取り付けます。
そしてXLRアダプターの固定ダイヤルを締めましょう。

 

つぎにマイクケーブルをXLRアダプターのINPUT端子につなぎ、ケーブルはXLRアダプターのケーブルホルダーに固定しておきます。
マイク端子は基本Ch1に接続します。

 

音の設定はXLRアダプター側で行いますが、マイクの選択をしてから録音レベルの調節をします。
付属マイク以外のマイクを接続する時も同様で、ケーブルを接続して接続端子の選択、マイクの入力レベルの設定と録音チャンネルの設定をすることになります。

 

 

XLR-K2Mは接続設定時にちょっと迷うポイントがあります。上の動画はXLR-K2MをCH1、CH2ともにステレオで収録する設定を解説してくれているので、XLRアダプターを購入する方は念のためにチェックしておくと良いでしょう。

 

XLR-K2Mはプロ用のXLR端子に対応しているアダプターと付属マイクのセットで、内部マイクより高音質で録音できます。
ダイナミックマイクとコンデンサマイク、モノラルとステレオに対応していますので、XLR端子によってレベルの高い動画撮影に威力を発揮するでしょう。

ソニー SONY XLRアダプターキット XLR-K2M

プロ並の音声収録環境を作れるアダプター

マイクとウィンドウジャマー付き

ホワイトノイズのないクリアな音声が撮れます

参考になるレビュー記事やレビュー動画

oka mitsu

はまの製品紹介動画

XLR-K1MとK2Mの比較|Vook