GP-X1EMは賛否両論だけどα7RⅢに必要?

グリップエクステンションがあると、カメラのホールド性が向上するため撮影しやすくなる場合があります。

 

その意味では非常に便利なアイテムですが、撮影に必須というわけでもないので評価は賛否両論です。

 

SONYではα7RIIIに対応したグリップエクステンションとして、GP-X1EMを別売で販売していますが本当に必要なのでしょうか?

 

 

結論!私は買いませんでしたが用途によってはアリです


α7RⅢ用グリップ GP-X1EMのメリット・デメリット

 

まずグリップエクステンションを使う理由ですが、カメラを安定して持てる、つまりホールド性を良くするためです。

 

そのためグリップエクステンション無しでもまったく問題ないという方は、必要性もそれほど感じないでしょう。

 

また、手の小さい方の場合、グリップエクステンションを装着するとかえって扱いにくくなってしまうことがあります。

 

というのもグリップエクステンションを着けたままカメラをテーブルに置くと傾いて落ち着かないからです。

 

 

私はコレがネックで買ってません。


 

こうしたことから賛否両論あるわけですが、主に男性や手が大きな方は基本的にはグリップエクステンションがあるとより手軽に撮影が可能になります。

 

たとえば三脚を使えばカメラをしっかり固定でき、手で持つ必要もないのでグリップエクステンションは不要です。

 

ただし風景写真などを撮影するために移動しなければならない場合、大きな三脚を持って移動するのは大変です。

 

その点グリップエクステンションであれば、三脚がなくてもカメラを固定しやすくなり、手ぶれ補正と合わせればぶれのない写真を撮りやすくなります。
より手軽な撮影を可能にしてくれるというのは大きなメリットになるでしょう。

 

フィット感とグリップの仕上がりはさすが純正グリップといったところ

ちなみにGP-X1EMはα7RIIIと同じくSONYが製造しているため、フィット感に関しては抜群です。

 

カメラのグリップ部分と同じ素材で作られていて、装着した時も素材の違いによる違和感がありません。

 

 

触り心地は大満足。さすが純正グリップ


 

他メーカーのグリップだと素材が違い、持った時に違和感を覚えたりしますが、そうした心配がないのはありがたいですね。

 

 

さらに重量は約73グラムと軽量で、持ち運びも便利です。

 

カメラは必要な道具を一式持ち歩くと重量もそれなりになってしまいますが、その負担を軽減してくれます。

 

軽量でありながら耐傷性も高く、傷が付きにくいのも特徴です。
装着後は手の大きな男性でもしっかりとホールドできるようになり、安定感が向上します。

 

特に小指部分がしっかり握れるようになるため、不安定さを感じることが少なくなります。

 

GP-X1EMは賛否両論だけどα7RⅢに必要? まとめ

 

こんな感じ!まとめると

 

メリット

・軽い
・ボディのデザインにフィットする
・ホールド感が向上する

 

デメリット

・手が小さいなら不要
・置くと傾いて落ち着かない

 

グリップエクステンションがあると、カメラのホールド性が向上して確実に撮影はしやすくなります。

 

α7RIIIのホールド性に不満を感じているけどバッテリーグリップは大きすぎるという方にはGP-X1EMがオススメです。

 

 

またL型プレートにするという手もあるので以下のページも合わせて読んでみてください。