新人動画編集者向け!低価格のおすすめデスクトップPC10選

動画編集は性能の良いパソコンを使わないとできないイメージがあるのではないでしょうか?

 

確かにスペックの低いパソコンでは動画編集ソフトでプレビューするときにカクカクして滑らかに再生されないことがあります。

 

そのため、ユーチューバーや動画クリエイターさんはハイスペックのパソコンを用意される方が増えています。

 

 

だけど安心してください。


 

パソコンの性能は年々進化しており、低価格のパソコンでもかなり性能が良くなっていて動画編集にも対応できるようになってきています。

 

ここではこれから動画編集に挑戦したいと考えている初心者の方向けに、低価格のデスクトップパソコンを買うときの選び方とオススメbのパソコンを解説いたします。

 

 

2019年の低価格帯デスクパソコンで一番おススメはこれ!

LUV MACHINES iH810SN-SH2

LUV MACHINES iH810SN-SH2

 

新人動画編集者が低価格のデスクトップを買うなら、LUV MACHINES iH810SN-SH2がオススメです。

 

第9世代の一番新しいCPUインテル Core i5-9600K プロセッサーが採用されています。

 

新しい世代CPUを、いち早く搭載しているのが特徴です。

 

 

高性能なCPUを求める動画編集には力強い味方です。


 

低価格なデスクトップを探しているなら、このコスパの良いモデルはおすすめです。

 

グラフィックカードはインテル UHD グラフィックス 630が採用されており、メモリは8GBが搭載されています。

 

フルHDの動画編集は16GBが最適なので、お財布に余裕があればアップグレードするとさらに快適でしょう。

 

ストレージは240GBのSSDと1TBの大容量ハードディスクがあるので、動画の保存スペースを心配ありません。

 

LUV MACHINES iH810SN-SH2

 

CPU:Core i5-9600K
メモリ:8GB
グラフィックス:インテル UHD 630
ストレージ:SSD 240GB + ハードディスク1TB

94,800円

 

低価格狙いでもデスクトップの動画編集ならCore i7が外せない

 

動画編集用のパソコンでCPUは何がイイ?

 

動画編集用のパソコンを低価格のデスクトップで実現する場合、CPUはどの程度のクラスのものがベストでしょうか?

 

これからも長く動画編集をして行きたいと考えているなら、Core i7を搭載しているパソコンを選ぶのがベストです。

 

CPUはデスクトップにとっては、一番重要と言っても良い心臓のようなパーツです。

 

このパーツの性能がデスクトップの性能を決めると言っても過言ではありません。

 

動画編集はCPUに負荷に大きな負荷をかける作業ですが、パワフルなCPUを搭載していればストレス無く作業を進めていけます。

 

しかし、安くて性能の悪いCPUを搭載してしまうと、ソフトがフリーズしたり最悪の場合ソフトが作業途中で落ちてしまったりします。

 

そんな状態になってしまうと、せっかく制作した動画が消えてしまい、作業をもう一度最初から行なわなくてはいけない事態になります。

 

 

これでは良い作品を作ることは出来ません。


 

ストレス無く動画編集作業が出来る環境を作ることが、高いクオリティの動画制作へと繋がっていきます。

 

フルHD編集ならCore i5 でOK!4K編集なら Core i7

 

最新世代のCore i7のCPUを選んでおけば、4K動画などの編集も効率よく行えます。

 

最新世代のCore i5も性能が格段にアップしてきていますが、フルHD以上の高画質動画を編集していきたい場合にはCore i7が外せません。

 

動画編集はデュアルストレージがオススメ。Cドライブは最低でもSSDで

 

データ保存容量はどのぐらいが良い?

 

低価格デスクトップでサクサク動画編集をしたいときには、デュアルストレージタイプを選ぶと良いですよ。

 

デスクトップで安い価格のストレージを選ぶと、ハードディスクに行き着きます。

 

一方SSDは価格が高い割には、ハードディスクよりも容量が小さくなります。

 

ハードディスクは1~2TBが主流ですが、SSDでは256~500GBくらいが平均的です。

 

CドライブはSSD。256~500GBが理想

 

SSDは転送速度がハードディスクに比べ圧倒的に速いので大きなメリットがあります。
ハードディスクはディスクに直接データを書き込んでいきますが、SSDはメモリに電気信号でデータを書き込みます。

 

そのためSSDのほうが処理速度が圧倒的に速いのです。

 

動画編集は扱うデータ量が多いため、転送速度が遅いと作業のたびに手を止めて書き込みが終わるまで待たなくてはなりません。

 

SSDなら処理を待たずに、どんどん自分がしたい作業を進めていけます。

 

価格は高いけれど処理が早いSSDと、大容量だけど転送速度が遅いHDDを両方積んだデュアルストレージタイプはおすすめです。

 

CドライブをSSDにしておけば、動画編集をスピーディにこなしていけます。

 

 

保存しておきたい動画をHDDに入れるようにして下さい。


 

最初から搭載しておくべきメモリ量は?

 

メモリ量はどのぐらいが良い?

 

動画編集をする際に、低価格デスクトップにはメモリをどれくらい搭載しておいたら十分なのでしょうか。

 

低価格デスクトップを比較してみると、8GBのモデルや16GBのモデルなど色々あります。

 

 

どのメモリ量が良いのか分かりにくいですよね。


 

動画編集で最初から搭載しておくべきメモリ量を決めるときには、自分がどんな動画を編集したいと思っているかで判断すると良いです。

 

YouTubeにアップするような動画を作るのか、それとも高画質の4K動画を編集していくのかによっても変わってきます。

 

8GB~16GB

 

もしYouTubeにアップする動画なら、8GBのメモリでも問題ありません。

 

しかし4K動画を編集するときには、8GBでは力不足ですので、16GBのメモリを搭載するのがオススメです。

 

低価格なデスクトップを購入する場合は、最初はそこそこのメモリにしておいて、後から増設するという方法を取ることができます。

 

最初から高精細な動画を編集したい人や、長編動画を編集する人などは16GBのメモリがあった方が良いです。

 

後からメモリを増設したいと思っている際には、増設できるメモリの最大値が一番大きなモデルを選んで下さい。

 

メモリ量は大きいほど性能が上がる?

 

メモリというのは扱うデータを一時的に保存する場所です。

 

そのため計算をするCPUは出来るだけ高性能なものが良いですが、メモリは計算されるデータ量に合わせて選んでおけば良いです。

 

メモリは増やしすぎても意味がない

 

CPUの性能がそこまで高くないのに、たくさんのメモリを積んでいても宝の持ち腐れになってしまいます。

 

メモリに一時的に保存しておくデータがそんなに無いのに、器だけ多くしても意味が無いのです。

 

CPUの性能に合わせてメモリを選んであげれば、メモリを無駄にせずに使い切ることが可能です。

 

例えば、Core i5を搭載しているデスクトップなら、8GBあれば十分に対応できます。

 

Core i7なら16GBのメモリがあると良いでしょう。

 

逆にCore i7で8GBのメモリしかないとキツくなってきます。

 

CPUが瞬時に計算した大量のデータを保存できなくなってしまうからです。

 

メモリ量を選ぶときは、CPUの性能に注目して選ぶことも大切です。

 

マウス Core i7 デスクトップ DAIV-DGZ530S2-MVPR

 

当サイトとマウスコンピューターDAIVブランドのコラボ企画モデルです。

 

Core i7搭載パソコンにDVDドライブとUHS-Ⅱ対応のカードリーダーを搭載しています。

 

DAIV-DGZ530S2-MVPR

CPU:Corei7-9700K
メモリ:16GB
グラフィックス:GeForce GTX1660(6GB)
ストレージ:M.2 SSD NVMe 256GB + HDD 2TB
光学DVDドライブ USB3.0接続 高速カードリーダー搭載

169,800円円

ドスパラ Core i5 デスクトップ Magnate MH

 

ドスパラ Core i5 デスクトップ Magnate MHもオススメ。
CPUにはインテル Core i5-8400が採用されていて、メモリは8GBです。

 

動画編集をする低価格デスクトップとしてはバランスの取れている構成です。

 

さらにグラフィックカードはNVIDIA GeForce GTX1650 4GBが搭載されています。

 

グラフィックカードがあると、動画圧縮や動画変換などを効率よく行えるので助かります。

 

ただ使用する動画編集ソフトが、グラフィックカードに対応していないなら意味が無いので注意です。

 

光学ドライブには、DVDスーパーマルチドライブが積んでありますよ。

 

Magnate MH

 

CPU:Core i5-9400F
メモリ:16GB
グラフィックス:GeForce GTX1650 4GB
ストレージ:500GB SSD + 1TB HDD

89,980円

 

ドスパラ Core i7 デスクトップ Monarch XH

 

ドスパラのCore i7搭載の動画編集用おすすめ低価格デスクトップは Monarch XHです。

 

メモリは8GBなので、もう8GB追加して16GBのメモリにしても良いかもしれません。
せっかくCore i7が搭載されているので、その性能を存分に引き出してあげましょう。

 

ケースはデザインがよく考えられていて、強力な冷却性能を兼ね備えています。
フロント部分とリヤ部分に、120mmの大きなサイズの冷却ファンを搭載しているので、夏場でも安定して動画編集が出来ます。

 

Monarch XH

 

CPU:Core i7-9700F
メモリ:16GB
グラフィックス:GeForce GTX1650 4GB
ストレージ:240GB SSD + 1TB HDD

109,980円

 

パソコン工房 Core i5 デスクトップ STYLE-R039-i5K-UHS

第8世代のCore i5を搭載したミドルタイプの低価格デスクトップが、パソコン工房 Core i5 デスクトップ STYLE-R039-i5K-UHSです。

 

Core i5-9600Kはターボブーストテクノロジーを使い、最大4GHzのクロック周波数を発揮します。

 

この値段で500GBのSSD(SATA)とDVDドライブを搭載しているのも評価できるポイントです。

 

STYLE-R039-i5K-UHS

 

CPU:Core i5-9600K
メモリ:8GB
グラフィックス:インテル Z390 Express
ストレージ:500GB SSD

85,980円

パソコン工房 Core i7 デスクトップ STYLE-R039-i7K-UHVI

 

第9世代インテル Core i7を搭載している動画編集用の低価格デスクトップが、パソコン工房 Core i7 デスクトップ STYLE-R039-i7K-UHVIです。
4K動画編集も対応できる高性能なCPUを搭載しています。

 

本体のケースは後からグラフィックカードや、SSD、ハードディスクの増設をしやすいデザインになっていますよ。

 

STYLE-R039-i7K-UHVI

 

CPU:Core i7-9700K
メモリ:16GB
グラフィックス:インテル Z390 Express
ストレージ:500GB NVMe対応 M.2 SSD + 1TB Serial-ATA HDD

104,980円

 

デル Core i5 Inspiron 3470 Core i5 ブラック 20Q24/Win10/8GB/128GB SSD+1TB HDD

デル New Inspiron スモール デスクトップ プレミアム(大容量SSD+HDD搭載)は、色々な用途に使える低価格デスクトップです。

 

CPUには第8世代 インテル Core i5-9400 プロセッサーが搭載されていて、メモリは8GBです。
メモリは最大で32GBまで増設できます。
これから4K動画などの編集も試してみたいと思うときには、メモリがさらに増設できるマシンは便利です。
グラフィックカードには、インテル UHD グラフィックス 630が採用されています。

 

デル Core i7 デスクトップ XPSタワー プレミアムグラフィック・大容量メモリ・SSD・HDD搭載(即納モデル)

 

デル Core i7 デスクトップ XPSタワー プレミアムグラフィック・大容量メモリ・SSD・HDD搭載(即納モデル)は動画編集者にはコスパの良い低価格デスクトップとなっています。

 

第9世代のCore i7が搭載されているため、動画編集をサクサク行なっていけます。

 

グラフィックカードにはNVIDIA GeForce GTX 1050 Tiが採用されており、ハードに負荷が掛かる編集作業を快適に行えます。

 

ASUS Core i5 デスクトップ ROG STRIX GL12CP(GL12CP-I5G1050)

 

デザイン性の高い動画編集用の低価格デスクトップを手に入れたいなら、ASUSもオススメです。
Core i5 デスクトップ ROG STRIX GL12CPは、インテル Core i5-8400 プロセッサーが搭載されています。

 

グラフィックカードにはNVIDIA GeForce GTX1050が使われています。

 

高い汎用性のあるモデルで、インパクトのあるケースが特徴的なマシンです。

 

ASUSのケースは放熱効果が高いので、動画編集でも安心です。

ASUS Core i7 デスクトップ ROG STRIX GL12CP(GL12CP-I7G1050)

 

動画編集に加えてゲーミング性能も求めるなら、ASUS ROG STRIX GL12CPがオススメです。

 

動画編集をバリバリしながらも、快適にゲームをしたい人にはピッタリの低価格デスクトップです。

 

グラフィックカードは、NVIDIA GeForce GTX1050が使われています。