α7III に装着できるリグはどれを買うべき?

α7ⅢはSONYが最下位最小最軽量のフルサイズ一眼で設計していますが、小さすぎて持ちにくいという意見もあります。

 

私もα7シリーズを使い始めたばかりの頃はボディサイズが小さくて幾分使いにくさを感じ、バッテリーグリップを付けてみたりしていましたが、あるアイテムでこの問題は解決できています。

 

そのアイテムとはカメラリグです。

 

 

カメラリグは一度買えばハマりますよ!


 

カメラリグはカメラケージとも呼ばれており、α7Ⅲユーザーで動画を撮影する方にはとても人気があります。

 

ここではSONY α7IIIにおススメのカメラリグを3種類紹介しましょう。

SONY α7III おすすめカメラリグ

SMALLRIG Sony A7RIII/Sony A7 IIIカメラ専用ケージ ILCE-7RM3 / a7R Mark III対応ケージキット

SMALLRIG Sony A7RIII/Sony A7 IIIカメラ専用ケージ

 

カメラリグの専門店 SMALLRIGが販売するプロ仕様のα7III専用リグが、ILCE-7RM3になります。

 

カメラの四周を覆う形のケージタイプで、アルミ合金製となっているのが特徴です。

 

 

この動画ではイルコさんがα7Ⅲ用に買ったSMALLRIGの専用ケージをレビューしてくれています。
機材テロになっているので、買いたくない方は見ないことをオススメしますが、購入を検討している方はぜひ視聴してみてください。
組み立ての様子もよく分かるのでオススメです。

 

SMALLRIGのケージは軽量化のために様々な工夫が凝らされていて、剛性と同時に堅牢性も考慮された仕様になります。

 

プロ仕様となっているだけあって、様々な付属品を取り付けられるようになっているのも魅力の一つです。

 

α7III専用となるため各端子や、蓋の開閉などの邪魔にもなりません。

 

 

とてもち密に作られているのが分かります


 

本格的な撮影をするためのリグなので、α7IIIを使うには十分な性能が期待できます。

SMALLRIG Sony A6500

 

私の場合動画撮影はα6500をメインにしているので、SMALLRIGのケージはα6500専用を使っています。

 

かなり頑丈で、一度ミスしてカメラを地面に落としてしまったことがあるのですが、ケージを付けていることでキズ一つ付けることもありませんでした。

 

 

カメラリグが重いのでレンズから落ちなかったのも幸運でした。


 

心配してSONYの修理センターに持っていきましたが異常はまったくないとのことでしたよ。

 

これを読んでいる方はカメラを落とすなんてことはないと思いますが、もしそんなミスをしてもケージを着けていると安心です。

 

ケージは基本的には映像撮影をするためのものなので、動画撮影をしたい人にはお勧めのアイテムです。

 

静止画専門で撮影している方には以下でおすすめするL型プレートのほうが良いです。

 

またL型プレートもα7III本体の保護をしたいという人にもお勧めできます。

Neewer ポータブルなカメラムービービデオ作成システム

Neewerカメラリグシステム

 

α7IIIを使って動画を撮影するのに向いたリグがNeewerの低価格リグセットになります。

 

肩に乗せて使うタイプのショルダーマウントで、移動しながら撮影をする時に向いているリグです。

 

本格的なリグと比較すると、簡易的な作りになっているのは否めません。

 

しかし価格的に考えると10分の1程度の値段ですので、コストパフォーマンス的には優れています。

 

α7IIIで動画を撮影するためのリグを探しているという人なら、最初に購入するアイテムとしておすすめです。

 

使い勝手も良く、機能性も十分ですので高額なリグをいきなり買うのではなく、Neewerのリグから始めてみましょう。

 

 

NEEWERリグはAmazonでパーツもたくさん売っています


 

たとえ低価格でも装着してみるとかなりゴツい感じになって、ハッタリが必要な仕事で使う場合は非常に役に立つでしょう。

SmallRig Sony A7III/A7M3/A7RIII/A9専用ケージ L-ブラケットキット

 

SmallRigのα7III専用リグとしてはL型ブラケットもあります。

 

カメラの保護という点だけではなく、アルカスイス規格が採用されているので、三脚への着脱も簡単に行えるようになっています。

 

ちなみにL型のサイド部分でも雲台に着脱ができます。

 

そのためカメラを横にした状態での撮影も可能なのが特徴です。

 

工作の精度も高くアルミ合金製のプレートが、がっちりとα7III本体とフィットします。

 

 

さっき紹介したイルコさんもα7RⅢにはSMALLRIGのLブラケットを使っているみたいですね!動画で紹介されていました。

 

α7IIIが小型なので、グリップ時に手が余るという人は、簡易的にこのSmallRigのL型リグを使うのも良いでしょう。

 

SONY純正のグリップエクステンションはカメラをテーブルに置くと斜めに傾いてしまいますが、SMALLRIGのLブラケットはまっすぐ置くことができて安心です。

 

 

高さも出るのでレンズが接地面に当たらないのもメリット!


 

ちなみに別売りとなるのですが、レンズアダプターをサポートする用のアイテムを取り付け可能です。
拡張性も高く、動画撮影をする時にも役だってくれるでしょう。

SONY α7III おすすめカメラリグ まとめ

α7Ⅲ向けのカメラリグはここで紹介した3つがオススメで、SMALLRIGは他のカメラにも専用リグを用意しています。

 

カメラリグを装着していればカメラにキズも付きにくいので、中古で下取りに出す予定のカメラならぜひオススメですよ!